国民健康保険の情報サイト。保険料・手続き・計算・滞納した時などを分かりやすく説明

国民健康保険 よくわかるガイド! > 国民健康保険とは > 国民健康保険の仕組み

国民健康保険とは

国民健康保険の仕組み

スポンサードリンク

国民健康保険の仕組みはどのようになっているのでしょうか?
次のような図で説明することができます。
                     (7)

  地方公共団体(市区町村)    ← 国

(1) ↑  ↓(2)      

    加入者        ↖ ↘(6)
(私たち)        国保連合会(審査委員会)
                 ↗ ↙(5)

  (3) ↓  ↑(4)
   医療機関      


(1)国民健康保険に加入する私たちは、市区町村保険料をおさめます。
(2)保険料をおさめてもらった地方公共団体は、加入者の私たちに、病院で保険がきく以外にも、出産一時金などの現金給付でお金がもらえるサービスがあります。
(3)病気やケガで、医療機関で診察してもらった後に、国民健康保険に加入する私たちは、医療負担金として診察代3割をおさめます。

(4)医療機関は、診察代をおさめてもらう代わりに、医療サービスを提供します。

(5)医療機関の医療費の審査をおこなう機関に、「国保連合会」という組織が   各都道府県にあります。

  医療機関はサービスをおこなった後に、私たちが払った医療費の3割以外の、
  残りの7割分を、「国保連合会」に求めます。

  国保連合会は、医療機関がきちんとサービスをして適正に請求しているかを審査します

(6)「国保連合会」は(5)で医療機関から請求された医療費を審査が通過したもの    として、今度は地方公共団体に求めます。

   地方公共団体は医療費を「国保連合会」を通して、医療機関に支払います。


(7)は、国民健康保険に加入する人の医療費を、一部を国庫補助という形で   地方公共団体に支給しています。
スポンサードリンク