国民健康保険の情報サイト。保険料・手続き・計算・滞納した時などを分かりやすく説明

国民健康保険 よくわかるガイド! > 国民健康保険とは > 国民健康保険の窓口での負担の割合

国民健康保険とは

国民健康保険の窓口での負担の割合

スポンサードリンク

国民健康保険に加入している人が病院に行き、窓口で診察費を払う時に
何割を自分で負担しないといけないのでしょうか?

国民健康保険の、医療機関の窓口での負担割合は次のようになります。

                    負担割合
被保険者(本人)         3割
退職被保険者(本人)      3割
退職被保険者の家族     外来3割 
                    入院2割
となります。 基本的には、国民健康保険に加入する人が病院に行くと、
かかった医療費の3割を負担します

保険料をおさめる家族も3割おさめることになります。


会社員が定年退職をした後に国民健康保険に加入した場合も
3割の負担となります

そして、定年退職したお父さんの家族は、外来で3割入院で2割となります。

残りの医療費については、市区町村が負担してくれるようになります。
毎月の保険料をおさめたり、国からの補助を財源として、国民健康保険は運営されてます

私たちが安心して、医療にかかれるのは、このような仕組みがあるのですね。^^
スポンサードリンク