国民健康保険の情報サイト。保険料・手続き・計算・滞納した時などを分かりやすく説明

国民健康保険 よくわかるガイド! > 国民健康保険とは > 国民健康保険とは

国民健康保険とは

国民健康保険とは

スポンサードリンク

国民健康保険とはどんな保険なのでしょうか?
よく耳にしますが、実際の意味を知らない人もいると思います。
国民健康保険を定義すると

保険に加入している人が、病気やケガをした時に病院の診療費を一部負担する社会保険のことをいいます。

保険に加入する職業は、
自営業の人
農家や主婦の人
会社を退職した人
未成年の学生
などが加入する保険となります。 国民健康保険を運営しているのは、主にみなさんが住んでいる市区町村
つまり地方公共団体が運営しています。

保険料は、市区町村の役所におさめることになります。

他には、自営業の人が職業ごとにつくる「国民健康保険組合」が運営している 場合もあります。

国民皆保険といって、日本に住む国民は何らかの社会保険に入る必要があります。

日本に住むみんなで助け合うという目的で、何らかの社会保険に入ることが必要と
なっているのです。


なので、国民健康保険以外にも社会保険があります。

サラリーマンは健康保険
医者や理容師の人は健康保険組合
公務員は共済組合

                  といった社会保険にそれぞれ加入することとなります。
スポンサードリンク