国民健康保険の情報サイト。保険料・手続き・計算・滞納した時などを分かりやすく説明

国民健康保険 よくわかるガイド! > どんなサービス? > どんな医療サービス(2)

どんなサービス?

どんな医療サービス(2)

スポンサードリンク

ここでは前ページに続いて国民健康保険がきく医療サービスを見ていきます。
2〜8についてご説明します。


2.入院時の食費と居住費   
3.療養費の支給
4.訪問介護療養費の支給
5.高額療養費                
6.移送費
7.出産一時金        
8.葬祭費


2の「入院時の食費と居住費」は、名前のとおりですが、

入院をした時の食費(材料費と調理のコストを合わせたもの)と、居住費(光熱費)になります。
 

自分の負担金額は地域ごとにちがいます。

食費は1食ごと、居住費は1日ごとに計算されて、私が調べた地域は、
あわせて1000円ぐらいであったりそれ以下になっていました。


3の「療養費の支給」は、たとえば

「コルセット」などの器具を使用した場合、

急な病気で診療費の全額を保険証を使わずに払った場合

医療でどうしても「はり、きゅう」などが必要となった場合

海外に行っている時に現地の医療機関で診察をうけた場合、

骨折やねんざで、接骨院で診察をうけた場合、

         などにきまった手続きをすると、医療費を払い戻すことができます。


4の「訪問介護療養費」は、

お医者さんが在宅で療養する必要があると判断して、

訪問介護ステーションを使用した時に、その一部を自分で負担するだけで、
残りが国民健康保険がきくことになるサービスです。


5の「高額療養費」はくわしくはこちらのページでご確認できればと思います。
 高額な療養費について払い戻しがきくサービスになります。


6の「移送費」ケガや病気で移動が困難な人のために、緊急でやむをえずに
移送された場合に、役所から認められて、その時にかかった費用が支給されます


7の「葬祭費」はこちらのページでご確認ください。

8の「出産一時金」についてこちらのページでご確認ください。
  

スポンサードリンク