国民健康保険の情報サイト。保険料・手続き・計算・滞納した時などを分かりやすく説明

国民健康保険 よくわかるガイド! > 出産・葬祭・人間ドックなど > 国民健康保険と出産一時金

出産・葬祭・人間ドックなど

国民健康保険と出産一時金

スポンサードリンク

出産をされる予定の人の医療費は、国民健康保険に入っていると
どんなメリットがでてくるのでしょうか?


出産をする予定の人は定期的に病院に通う必要がありますし、出産の時はもちろん
入院する必要も出てきます。


基本的に出産は病気やケガとはちがうので、
出産費用やその入院費には国民健康保険がききません


ただし多くの市区町村では、

「出産一時金」として、出産した時にお金を支給しているところが多いです。


国民健康保険の加入者で、

金額は、子ども1人につき、35万円 という金額のところが多いです。


全国の出産にかかる費用はおよそ35万円くらいといわれているので、

結果的に出産一時金が支給されれば、

費用がかからずに、出産ができることになります。


申請に必要な書類は、

国民健康保険の保険証
母子手帳
医師の証明書
印鑑
世帯主の口座の情報
外国人の場合はパスポート 

                                  などになります。

スポンサードリンク