国民健康保険の情報サイト。保険料・手続き・計算・滞納した時などを分かりやすく説明

国民健康保険 よくわかるガイド! > 退職者医療制度について > 国民健康保険と退職者医療制度(2)届出・持っていくもの・負担割合

退職者医療制度について

国民健康保険と退職者医療制度(2)届出・持っていくもの・負担割合

スポンサードリンク

前のページの退職者医療制度の説明の他に知っておいたほうがよいことを、
ご説明できればと思います。大まかには次のようになります。


1.申請

退職者医療制度の対象になる人は、役所への申請を、年金証書の受領後の14日以内
におこなわなければいけません。


2.持っていくもの

国民健康保険証
年金証書


3.負担割合

実際に病院にかかった時の自分での負担は次のようになります。


退職して保険料を払っている本人  入院の外来の両方とも      3割
その家族                   入院の外来の両方とも       3割

70歳以上の保険料を払っている人 現役と同じくらいの所得がない  1割
その家族                                         1割


現役と同じくらいの所得がある                  3割

                   となります。


4.毎月の保険料

毎月支払う国民健康保険の保険料は、優遇されるということはなく、
他の加入者と同じ条件で支払うことが必要となります

スポンサードリンク