国民健康保険の情報サイト。保険料・手続き・計算・滞納した時などを分かりやすく説明

国民健康保険 よくわかるガイド! > 退職者医療制度について > 国民健康保険と退職者医療制度

退職者医療制度について

国民健康保険と退職者医療制度

スポンサードリンク

会社を定年退職した人の医療保険はどのようになるのでしょうか?


会社員の人の医療保険は、「健康保険」というものに会社で加入します。


しかし定年をむかえて退職をすると、会社員ではなくなるので「健康保険」の対象では
なくなってしまいます。

会社員が定年退職をすると、国民健康保険に切りかわることとなりますが、


申請をすると「退職者医療制度」というものに加入することができます。


75歳以上の人は「老人保険制度」の対象となりますので、
60歳から75歳まで「つなぎ」の制度といえるでしょう。


「退職者医療制度」の対象は、次のような人になります。


1.国民健康保険に加入している人

2.老人保健法の適用を受けていない人

3.厚生年金や各種共済組合などの老齢(退職)年金をうけている人で
  加入期間が20年以上もしくは40歳以降に10年以上ある人
                       
                                     になります。


定年退職が近い人などは、対象になりますのでこういった制度があることも
知っておきましょう。

スポンサードリンク