国民健康保険の情報サイト。保険料・手続き・計算・滞納した時などを分かりやすく説明

国民健康保険 よくわかるガイド! > 任意継続制度とは? > 国民健康保険と任意継続のどちらが得か?

任意継続制度とは?

国民健康保険と任意継続のどちらが得か?

スポンサードリンク

会社を退職した場合にえらぶことができる、国民健康保険と、
健康保険の「任意継続制度」のどちらが得なのでしょうか?


どちらにするか迷っている人は、結局はどちらの方法を選んだら
保険料を安くすることができるか、という点を考えている人が多いと思います。


これについては、1人ひとりで所得住んでいる場所がちがうので、
調べてみて、両方を比較してくらべる必要があります。


健康保険の「任意継続」での保険料のおおまかな出し方ですが、


まずは自分の給与明細を見ます。


給与からひかれている「健康保険料」のおおよそ2倍の金額となります

40才以上の人で、介護保険料がひかれる人は、介護保険料も2倍の金額となります


ただし保険料には上限の金額があって、それは2万2960円となります。


つづいて、国民健康保険の保険料の計算の仕方ですが、


これは市区町村ごとに計算の仕方にちがいがあります

なので自分が保険料をおさめることになる、近くの役所に確認をした方が早いでしょう

そのときは去年の源泉徴収票を準備します。

国民健康保険の保険料は、前年度の所得が計算の対象となるためで、
去年のものを用意するのです。


そして2つの保険の料金を計算することができたら
みくらべてみて比較しましょう。

スポンサードリンク